西原良三青山メインランド社長 姓名判断や占いからわかること

未分類

→動画で記事を読む

占いに対して否定的な意見を持つ人が少なくありません。占いを否定する人の気持ちはわからないでもありませんが、占いを信じる気持ちは大切であり、意外と馬鹿になりません。占いで示された結果が現実に起きることも多々あります。だからこそ、昔から占いというものに対して多くの経営者が信用し、お抱えの占い師を抱える社長もいるぐらいです。

青山メインランドで代表取締役社長を務める西原良三さんに、お抱えの占い師がいるという情報はありませんが、今後の会社の行く末を占っていたとしても不思議ではないです。それだけ会社の行く末が気になり、このままの道を突き進めばいいのかと力強い助言が欲しくなるのが経営者として当然だからです。今回は西原良三に関して、勝手ながら、姓名判断や各種占いからどんな人物かを探っていきます。

西原良三さんを姓名判断でチェックしてみた

西原良三さんを姓名判断してみると、大吉と大凶が混在しています。天格と呼ばれる部分は大吉で、努力に天運が報いるという結果が出ています。人格は吉と出ており、非常に明るい性格であるという結果に。人前に出る仕事が向いており、リーダー的存在という分析も出るなど、青山メインランド代表取締役社長として会社を引っ張っていくのは、こうした姓名判断からも裏付けされています。

反対に地格や外格で大凶となっており、不運に泣かされることや誰かに裏切られることなどがあるんだとか。もちろん生きている中で不運に泣かされることもあれば、誰かに裏切られることもありますが、こうした境遇を乗り越えることで、人間として大きな成長を遂げられます。姓名判断で大凶だったから全くダメというわけではなく、大凶の要素を理解して乗り越えられるように頑張っていけば、大凶をひっくり返すことは十分に可能です。

西原良三さんはバイタリティーにあふれた人物と言われていますが、仕事運では大吉。仕事で大変なことがあったとしても誰かが助けてくれるのだとか。青山メインランドに限らず、不動産業界は業界を震撼とさせるような出来事、景気の悪化に直面してきました。そんな中でも青山メインランドは不良在庫ゼロを達成するなど、逆風を跳ねのけてきたわけです。西原良三さんの仕事運が大吉なのも頷けます。

西原良三さんを九星占いで調べてみた

西原良三さんは1961年4月1日生まれで現在61歳です。この生年月日、1961年4月1日生まれという情報から九星占いを行ってみました。西原良三さんは「三碧木星」で、基本的な性格として、素早い行動、熱い情熱、どんどんと意欲が湧いてくるなどの下地があります。青山メインランドのこれまで、青山メインランドの社風などを見る限り、西原良三さんの下地の部分がしっかりと反映されており、あながち間違いではないことが言えるでしょう。

ついつい正直すぎて、何かと直球であることがいいことも悪いことも生み出すようですが、青山メインランドのスタイルはまさに直球勝負。採用活動でも青山メインランドの悪いところもあえてさらけ出し、上司が部下を叱咤激励する様子を普通に動画の中に組み込むなど、正直さが売りです。その証拠に、青山メインランドの業績ページでは、コロナ禍もあって売り上げが落ち込むグラフを掲載。いくらでも隠せるはずなのに、それを隠さずにさらけ出すのが西原良三さんらしさと言えます。

仕事でもコツコツと計画を積み重ねていくのではなく、自分のペース、自分の裁量で動くことで結果が出やすいという傾向にあるのだとか。九星占いは9つにしか分けられないため、そう簡単に人となりがわかるだろうかと疑問に思う方もいるようです。しかし、昔から九星占いは根強く、いまだに本が売れているのは多くの人が信じている証拠。そして、信じたくなるほど、その結果は正しいと言っても過言ではありません。

■西原良三さんを動物占いで調べてみた

一時期一世を風靡した動物占い。12の動物に分けることができ、その動物にちなんだ性格が分かります。西原良三さんの場合、その動物はチーター。チーターは上昇志向があり、上を狙おうとする冒険家なんだとか。とても若々しくて常に若く見られることもあるようです。西原良三さんの写真を見れば、動物占いですら的中といっても過言ではないのではないかと思えるほど、西原良三さんの若々しさを感じます。

詳しく見ていくと、今の実力よりももっと上の目標を掲げて、その目標をクリアするまでチャレンジし続けるという性質があるのだとか。人懐っこさがあって、人見知りとは無縁で、相手の色々なことを見抜くパワーもあるようです。野心家の一面があり、競争に対する思いは人一倍であることも性質としてあるなど、まさに西原良三さんの人となりを言い当てているように思えます。

動物占いは生年月日だけで判断するので、そんなことで何がわかるのかと反発する人も少なくなく、動物占いが人気だった時代、なんとバカバカしいことかと鼻で笑う人も。しかし、チーターという性質が西原良三さんと合致しており、この偶然は本当に偶然なのかと思ってしまうほど。それくらい西原良三さんのことを言い当てているといっても言い過ぎではないでしょう。

西原良三さんのバースデーカラーで調べてみた

2022年に入って何かと話題を集めたのがバースデーカラー。インスタグラムでは366色のバースデーカラーの中から自分の誕生日の色を見つけて紹介するインスタグラマーが多く登場しました。西原良三さんは4月1日生まれなので、この場合のバースデーカラーはベビーピンク、日本語にすると薄桜です。バースデーカラーには色言葉があり、その色言葉は洗練や友人、ほほえみで、性格はロマンチスト。どちらかといえば青が印象的な西原良三さんですが、そのベースはロマンチストなのかもしれません。

姓名判断や動物占いとかなり違うため、バースデーカラーに関しては若干外しているような印象を覚えるでしょう。しかし、ロマンチストは常に夢見る人物を意味しており、ロマンを語ることは上昇志向が強い人であれば誰しもがやります。西原良三さんも根っこの部分にロマンチストの要素があると言えるでしょう。

まとめ

西原良三さんを様々な占いで調べてみると、意外と当たっている部分が多いことがわかりました。特に動物占いは西原良三さんそのものを言い当てているような印象すらあり、チーターとしての存在感を感じさせます。青山メインランドには、チーターのような社員が積極的に契約を勝ち取ろうと、獲物を狙うかのように必死に取り組んでいますが、社員たちも動物占いではチーターなのかもしれません。

仕事運などは大吉、上昇志向を強く持つ人物という結果が出た西原良三さん。青山メインランドはコロナ禍でも黒字を足し続けていますが、常に目標を高く掲げて挑むからこその結果と言えるのではないでしょうか。

コメント